« 五蘊とは | トップページ | 心理療法と瞑想講座 1 »

中道と苦行

五蘊をあるがままに観ることは、ブッダの修行の基本です。
修行においてブッダは、快楽と苦行を捨てて、中道を歩んだと言われます。
中道は、ブッダの生き方の基本です。

ただし、ブッダは苦行を否定したわけではありません。
ブッダの弟子のなかには、苦行を続けている人もいました。
苦行が好きな人は苦行をしても構わないのです。

また、苦行と修行は異なります。
苦行の中には、ず~と息を止めておくとか、ほとんど物を食べないとか、
死にそうになるものがありました。

苦しければ苦しいだけ、覚りに近づくと考えられていたわけです。
ブッダは、ひたすら身心を痛めつけることは、必ずしも覚りとは
関係がないと考えました。

しかし、修行は必要だと考ています。
修行をしないで、これが中道だと言うのは、ブッダの考えとは違います。

ブッダは苦行を捨てましたが、大乗仏教が起こると、また苦行が復活します。
今の日本仏教界を見ると、苦行主義で厳しい行に挑む人々と、
戒律も修行も無視する人々の、両極端にあるように思えます。

これは伝統的なテーラワーダ(上座部)仏教の修行法とは、
かなり異なっています。

日本仏教の修行法については、大乗仏教の解説のなかで述べる予定です。

-----------------------------

問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
人々の悩みや問題を解決します。
http://www.performanceship.com/sfn.htm

7月19日(土) 心理療法と仏教・密教瞑想
http://www.performanceship.com/meisou0719.htm

« 五蘊とは | トップページ | 心理療法と瞑想講座 1 »

ブログブッダの思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中道と苦行:

« 五蘊とは | トップページ | 心理療法と瞑想講座 1 »