« インドでなぜ輪廻思想が生まれたのか | トップページ | 中道と苦行 »

五蘊とは

「五蘊のどこを探しても、我は無い」という仏教の基本的な考え方に
出てくる「五蘊」について解説します。

五蘊とは、人間の構成要素を、
色(しき)、受(じゅ)、想(そう)、行(ぎょう)、識(しき)の
5つに分類したものです。

単純に言えば、色は身体のこと、残りの4つは、
心の働きを4つに分けたものです。

般若心経には、
色即是空、空即是色、受想行識 亦復如是(やくぶにょぜ)
と出てきます。

亦復如是とは、これもまた同じ という意味です。
(これはブッダの直説ではありませんが、わりと有名な言葉です。)

受想行識が、それぞれ心のどの働きを意味しているのかは、
いろいろな説があって、よく分かりませんが、
だいたい次のような感じになります。

受 感受作用。五感が刺激を受けて感知する。
想 認識対象からその姿かたちを分化させ識別する作用、表象作用。
行 記憶想起作用。意志作用。形成力。受想識以外の心の働き全て。
識 判断作用。対象を認識し言語化して概念として持つ。

細かい分類は置いておいて、
感受するということ、そしてそれを識別し、ある概念が発生してくるという
心の動きを認識することは、とても大切です。

それは瞑想の基本となります。

-----------------------------

問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
人々の悩みや問題を解決します。
http://www.performanceship.com/sfn.htm

7月19日(土) 心理療法と仏教・密教瞑想
http://www.performanceship.com/meisou0719.htm

------------------------------

« インドでなぜ輪廻思想が生まれたのか | トップページ | 中道と苦行 »

ブログブッダの思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五蘊とは:

« インドでなぜ輪廻思想が生まれたのか | トップページ | 中道と苦行 »