« 煩悩を滅する修行法 八正道 3 | トップページ | 煩悩を滅する修行法 八正道 5 »

煩悩を滅する修行法 八正道 4

「正念」は、常に注意を怠らず、今起こっていることに
気づいていることです。

ポケーとしていると、何も気づきません。
私たちの思考や行動の大半は無意識に行なっています。

歩き出すときに、どの足をどう動かそうなどとは考えないでしょう。

その無意識は生活するうえで必要なことですが、
同時に、自分自身の身体も心も、自分でコントロールしていない
ことを表しています。

ブッダは、心にコントロールされるのではなく、
心をコントロールすることを、説いています。

そのためには、身体、感受、心、法(本質)の4つを、
ありのままに見て、欲と怒りを離れます。

----------------------------

コミュニケーションから心を考える

問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
解決のためのコミュニケーション心理学
http://www.performanceship.com/sfn.htm

« 煩悩を滅する修行法 八正道 3 | トップページ | 煩悩を滅する修行法 八正道 5 »

ブログブッダの思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煩悩を滅する修行法 八正道 4:

» ダイエットと規則正しい生活の関係 [ダイエット大辞典]
ダイエットに効果のある方法として、体の中の体内時計の考え方があります。 [続きを読む]

« 煩悩を滅する修行法 八正道 3 | トップページ | 煩悩を滅する修行法 八正道 5 »