« 煩悩を滅する修行法 八正道 4 | トップページ | 大乗仏教(革新派仏教)では何が変わったのか »

煩悩を滅する修行法 八正道 5

「正定」とは、禅定の境地です。
坐禅、瞑想を多少知っている人なら、禅定の境地、覚りの境地
などの言葉を聞いたことがあるかもしれません。

禅定の境地とは、精神が高度に集中し、
独特の精神状態になったものです。

覚りの境地などというので、ブッダが目指したものを、
このような独特の境地であると勘違いする人が多いようです。

ブッダは出家して、すぐに最高の境地に達します。
天才ブッダは、瞑想によってその境地を獲得したのです。

しかし瞑想によって得た境地は、瞑想を止めると元に戻ります。
ブッダの覚りは、その問題への解答なのです。

瞑想している時にいくら幸せでも、社会に戻ればまた
「苦」があるのでは、真の覚りと呼べない、
そうブッダは考えたわけです。

そしてブッダは、真実を観る智慧を獲得することにより、
永遠の平安を得たのです。

禅定の境地は、ブッダの最終目的ではありません。
しかし、ある程度の禅定の境地がなければ、ブッダのいう智慧
(真実を洞察する智慧)が身につかないので、
禅定はやはり重要なのです。

----------------------------

コミュニケーションから心を考える

問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
解決のためのコミュニケーション心理学
http://www.performanceship.com/sfn.htm

« 煩悩を滅する修行法 八正道 4 | トップページ | 大乗仏教(革新派仏教)では何が変わったのか »

ブログブッダの思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煩悩を滅する修行法 八正道 5:

« 煩悩を滅する修行法 八正道 4 | トップページ | 大乗仏教(革新派仏教)では何が変わったのか »