« 今年もあとわずか!来年の夢を実現するコーチング | トップページ | ソリューション・フォーカス ~ 伝統派 と 革新派 »

SFA(ダブル・ディスクリプション・モデル)

メルマガの転載、ひさびさに、SFA(ソリューション・フォーカス)情報をお届けします。

「 ダブル・ディスクリプション・モデル 」

ダブル・ディスクリプション・モデルは、東北大学の長谷川啓三先生の
グループが提唱しているブリーフセラピー(短期療法)です。

SFA(ソリューション・フォーカス)系の人は、どちらかと言えば、
「良くなったら、それでええやん」みたいなノリの人が多い気がしますが、
長谷川グループは、ひたすら理論的に詰めて、理論と実践の統合を
高いレベルで行おうとしているように感じられます。

ダブル・ディスクリプション(二重記述)というのは、ブリーフセラピーの
祖であるグレゴリー・ベイトソンが持ち出していることなのですが、
簡単に言えば、ひとつの現象を異なる二つの視点から同時に見よう、
みたいな話しです。

人間は、両目でひとつのものを見ることによって、片目でみるよりも
より深くものごとを見ることができます。

ダブル・ディスクリプション・モデルでは、SFAの母体となる
「MRI」と「SFA」の二つで二重記述します。

「MRI」は、今起こっている悪循環を見つけて、それを断ち切るのが
基本です。
「SFA」は、今起こっている良循環を見つけて、それを拡大するのが
基本です。

この二重記述により、より効果的なアプローチを目指すわけです。

--- お知らせ ---

今年もあとわずか!来年の夢を実現するコーチング 

 来年こそ夢・目標を実現したいが、
    どうしたらいいのか分らない皆さまへ !

12月23日(祝)大阪
来年のビジョン・目標を明確にする意図で、コーチングを行います。

詳細はこちら
http://www.performanceship.com/blog/2009/12/post-7ec3.html

« 今年もあとわずか!来年の夢を実現するコーチング | トップページ | ソリューション・フォーカス ~ 伝統派 と 革新派 »

コミュニケーション心理学/SFA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SFA(ダブル・ディスクリプション・モデル):

« 今年もあとわずか!来年の夢を実現するコーチング | トップページ | ソリューション・フォーカス ~ 伝統派 と 革新派 »