ブログ修行法/瞑想

仏教瞑想特別講座 1

仏教瞑想特別講座 1

本来なら、ブッダの思想を説明してから瞑想に入るのが自然ですが、
もうすぐ瞑想講座がありますので、今週は瞑想についてお伝えします。
講座に参加される方は、予習として読んでください。

初期仏教編

ブッダの瞑想法は、部派仏教時代に出来た初期仏教の仏典から
推察するしかありません。
初期の仏典の中で瞑想法を説いた経典としては、
『大念処経』(マハーサティパッターナ・スッタ) と
『出入息念経』(アーナパーナサティ・スッタ) が代表的です。
ブッダの瞑想指導も、ほぼこの経典に沿ったものだったと思われます。

『大念処経』には、「四念処」という有名な瞑想法が出てきます。
身体・感覚・心・法の4つを観る瞑想法です。身体を観る瞑想のなかにも
さまざまな瞑想法があり、全体ではかなりの数の瞑想法になります。
法とは仏法のことで、無常・無我など、この世界の現象の本質を、
ありのままに観る瞑想になります。

『出入息念経』は、「呼吸による気づきの経」とも言えます。
全部の16の呼吸法があり、その呼吸を通じて、身体・感覚・心・法の
4つの瞑想が出来るようになっているのが、ミソです。

ブッダは、ひとりの人にこれらの瞑想すべてをさせたのではなく、
その人に合った瞑想を指導していたと思われます。おそらく後世の人が、
ブッダのさまざまな教えを、このように体系的にまとめたのでしょう。
どの瞑想法によってでも、執着を離れ、苦を無くす道を歩むことができます。

今回は、四念処のなかから、身体を観る瞑想の一部をご紹介します。

  歩いているときは「わたしは歩いている」と知り、
  立っているときは「わたしは立っている」と知る。
  坐っているときは「わたしは坐っている」と知り、
  臥せているときは「わたしは臥せている」と知る。

文字で表すと単純ですが、実は、メチャクチャ深いです。
わたし達は普段、無自覚に無意識に動いています。お茶を飲む時に、
カップを口に運ぶために、手を動かそうとは考えないはずです。
手は無意識に動きます。このように、私たちの身体や心は、
自己のコントロールを離れて存在しています。

身体を観るとは、今この瞬間の自身の状態や動きを、意識的に、
そのままに観ることです。

あるがままに見る ということが瞑想の基本となります。

--- 次回は 「 上座部仏教の瞑想法 」 ---

仏教瞑想特別講座 2

上座部仏教編

伝統を重んじる上座部仏教(ミャンマーなどの南伝仏教)では、
初期仏教の経典を中心とします。
瞑想においては、『大念処経』(マハーサティパッターナ・スッタ)や
『出入息念経』(アーナパーナサティ)は、やはり重要です。

一方で上座部仏教では、新たな瞑想法を生み出して来ました。
現在の上座部仏教では、5世紀にブッダゴーサが著した『清浄道論』が
重要な経典となっています。
瞑想もこの経典を論拠として考えているところがあります。

最近では、「ヴィパッサナー瞑想」を重要戦略商品のような感じで、
世界に広めています。
初期の経典には、サマタとヴィパッサナーという言葉があり、
漢訳では、「止観」となっています。
サマタ(止)は精神の集中力、ヴィパッサナー(観)は、
洞察力(洞察智)を意味します。

初期経典には、「ヴィパッサナー瞑想」という名前では出てこないのですが、
ブッダの瞑想法の独自性は、「ヴィパッサナー(観)」にこそあるので、
非常にうまいネーミングだと思います。

「ヴィパッサナー瞑想」のなかにも、流派のようなものがあります。
日本で経験できるものとしては、マハーシ長老が考え出した方法と
ゴエンカ氏が広めている方法が有名です。
最近は、パオ・メソッドという別の方法を指導している人もいるようです。

これらは、『大念処経』や『出入息念経』に書かれている方法を、より分かり
やすく取り組みやすいように再構成したものと、考えることができます。

これに対して、「伝統を重んじているのに経典の教えを変更している」という
批判もあります。確かに「ヴィパッサナー瞑想」は初期の経典そのものでは
ないのですが、その意図するところは引き継いでいるので、個人的には
このような変化は、多くの人の益になることだと考えています。

ただ私が知る限り、どこの流派も「ヴィパッサナー瞑想こそブッダが考えだした
瞑想法です」と説明するので、今のやり方を2,500年前から続けていると、
勘違いしている人が多いように思います。

マハーシ長老は1900年代の方ですから、当然その瞑想法は
1900年代に考えられたことになります。
現代人に合った新たな瞑想法を考え出されたということは、とても
素晴らしいことであり、それはブッダの教えの基に生み出されているの
ですから、それはミャンマー上座部が世界に誇れることだと思います。

ゴエンカ氏の瞑想法は、サヤジ・ウ・バ・キン氏から受け継いだとの
ことですが、これも、四念処を見事に簡略化しています。
ゴエンカ氏の瞑想法は、最初は10日間の合宿が前提ですが、
世界40カ国以上で実施され、かなりの成果を出しているようです。
 
瞑想をマスターするという観点からすれば、10日間というのはあまりに
短い期間ですが、それでもそれなりの成果を出しているのは、
短期間用にまとめられたプログラム構成が優れているからでしょう。

日本では今まで、禅宗の坐禅以外には仏教瞑想に触れる機会が
ほとんどありませんでした。
このように瞑想に触れる機会が増えていることは、
大変喜ばしいことだと感じています。

--- 次回は 「 密教瞑想法 」 ---

仏教瞑想特別講座 3

密教編

 上座部の瞑想が初期仏教の瞑想法を基本にしているのに対して、
密教ではより大胆な変革が見られます。
日本に伝わった中期密教とチベットの後期密教では瞑想法に違いが
あるのですが、ここでは中期密教を基本にして、空海を祖とする
真言密教を前提に話をすすめます。

密教瞑想(観法)の基本は、「仏そのものになる」ということです。
理想が仏だとしたら、「私はその仏そのものである」というのが、
密教の世界です。

 その瞑想法(観法)とは、「三密の加持」です。
身体・言葉・心の3つの働きを、理想とする仏と同じにする、
これを三密加持といいます。
空海はこれを、入我我入(仏が我に入り、我が仏に入る)とも表現しています。
この仏と自身を同じくする(合一する)ことを、ヨーガといいます。

つまり、密教瞑想(観法)とは、ヨーガの技法によって理想である仏と一体と
なることにより、今、この身このままにおいて仏となる、ということです。
もう少し教義に即して言えば、
「仏と一体になることによって、自身が本来仏であることに気づく観法」
と表現することもできます。

具体的には、仏の姿として手に印を結び、口にその仏の真言(マントラ)を
唱え、心に仏を観想します。
密教には多くの仏がいますが、その仏ごとに、印(手の形)、真言、
持っている徳や智慧が異なります。
身口意の3つがセットになっているところがポイントです。

歴史上の人物では、戦の天才上杉謙信の毘沙門天信仰が有名です。
密教的には、上杉謙信は、毘沙門天そのものとなり、毘沙門天として
戦の指揮を取ったと考えられます。
自身が仏そのものになる(仏そのものである)というのが密教であり、
密教瞑想は、まさにその実践となるわけです。

 さまざまな象徴を使うのも、密教瞑想の特徴になります。
護摩では火を焚きますが、これもひとつの瞑想です。
マンダラや掛け軸などを使った瞑想もあります。

象徴はあくまで象徴であることを理解しておくことも必要です。
最終的に「法を観る」ことが大切なのは、他の仏教と同じです。

この象徴だけを見て、「密教は仏教から外れている」と批判されることも
ありますが、象徴の意味するところを見ていくと、意外と初期の仏教に
近かったりします。

元々密教瞑想法は、一般在家には公開されてきませんでした。
現在、阿字観という密教瞑想法が、あらためて脚光を浴び、
在家の方にも公開されるようになりました。
しかし阿字観をやる僧侶は、まだまだ少ないようです。

今後、密教瞑想法が正しく、一般の方々に広く普及していくことを
願っています。

仏教瞑想特別講座 4

今週瞑想講座がありますので、今週は瞑想についてお伝えします。
講座に参加される方は、予習として読んでください。

仏教瞑想のはじまり

インドにおける瞑想の起源は正確には分かりませんが、一説には
紀元前2000年以上前の、インダス文明に始まると言われています。
(遺跡のなかに、瞑想のポーズらしきものがあります)

仏教の瞑想も、そのような古代インド環境のなかで生まれてきました。
また瞑想は、ヨーガとして発展していきますが、仏教瞑想は、ヨーガの
影響を受け、またヨーガに影響を与えながら、発展していきました。

ブッダは、40以上の瞑想法を、人に合わせて指導しています。
時には、指導に失敗していることもあります。
ひとつの瞑想だけで、「うまくいかない」とか「自分には合わない」と
考えるのではなく、自分に合った瞑想を見つけることが大切です。

その際、独学で瞑想をやると、道を誤ることがあります。
指導者をみつけ、少しでも疑問があれば、確認していくことが必要です。

今回の瞑想講座では、仏教瞑想を 3つに分けてお伝えしています。

サマタ瞑想(止の瞑想) ~ 集中型瞑想
ヴィパッサナー瞑想(観の瞑想) ~ 観察、洞察の瞑想
密教瞑想 ~ 三密加持(一体型)の瞑想

真面目に取り組むなら、いずれも大変効果的なものです。

------------------------------
新たに 本を出版しました。
問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
人々の悩みや問題を解決します。
http://www.performanceship.com/sfn.htm

瞑想講座を開催します。6月15日(大阪)
http://www.performanceship.com/meisou0615.htm

カウンセリング・コーチングの実践トレーニング 6月22日(大阪)
ソリューション・フォーカス・コミュニケーション講座
http://www.performanceship.com/sfa0622.htm

サマタ瞑想と密教瞑想

3つの瞑想法の違い

復習になりますが、3つの瞑想法について、もう一度
確認しておきます。

サマタ瞑想(止の瞑想) ~ 集中型瞑想

瞑想のひとつの効果は、集中力を高めるということです。
集中力は、勉学、仕事、スポーツ、芸術など、何をやるにしても
大きな成果を出すために必要な能力となります。

一流のアスリート(イチローなど)が、高い集中力を持っていることは
よく知られています。
瞑想をやると頭が良くなると言われる、ひとつの理由でもあります。

密教瞑想 ~ 三密加持(一体型)の瞑想

密教瞑想では、対象と一体となり、それを体現します。
五感のすべてを総動員して、対象を自らの身心に実現するところに
密教瞑想の妙があります。

理想を対象とし、この身がこのままでその理想となる。
空海のいう「即身成仏」の世界です。

註)
「即身成仏」と「即身仏」をよく間違えられます。
「即身仏」は、ミイラになること。
「即身成仏」は、生きているこの身において、覚りを得ていること。
まったく異なる意味合いになります。

------------------------------
新たに 本を出版しました。
問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
人々の悩みや問題を解決します。
http://www.performanceship.com/sfn.htm

瞑想講座を開催します。6月15日(大阪)
http://www.performanceship.com/meisou0615.htm

カウンセリング・コーチングの実践トレーニング 6月22日(大阪)
ソリューション・フォーカス・コミュニケーション講座
http://www.performanceship.com/sfa0622.htm

ヴィパッサナー瞑想 ~ 観察・洞察の瞑想

仏教瞑想特別講座 6

今週瞑想講座がありますので、今週は瞑想についてお伝えします。
講座に参加される方は、予習として読んでください。

3つの瞑想法の違い

復習になりますが、3つの瞑想法について、もう一度
確認しておきます。

ヴィパッサナー瞑想 ~ 観察・洞察の瞑想

ヴィパッサナーは、仏教瞑想のなかで発展した、ブッダの独自性の高い瞑想法です。
欧米における、マインドフルネス・メディテーションは、ヴィパッサナー瞑想をベースとしたものです。

ヴィパッサナーでは、今ここに意識をとどめ、今起こっていることをそのままに、ありまままに観ます。

身体、感覚、心をに起こっていることを、価値観を入れずにただ観るとき、
存在の真実を観ることができます。

真実を観ることにより、

心理療法的には、ネガティブな思考から離れることができます。
(ネガティブな思考は、真実ではないので)
認知行動療法などと併用されるのは、このような理由があります。

仏教的には、「存在とは、常に変化していること」という真実を知ります。
「自身の存在も、また変化の現われ」と知ります。

仏教用語を使うなら、「無常であり、無我である」という真実を知り、
無常であり、無我である存在、すなわち生死を離れることにより
永遠の安楽を得る道となります。

------------------------------
新たに 本を出版しました。
問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
人々の悩みや問題を解決します。
http://www.performanceship.com/sfn.htm

瞑想講座を開催します。6月15日(大阪)
http://www.performanceship.com/meisou0615.htm

カウンセリング・コーチングの実践トレーニング 6月22日(大阪)
ソリューション・フォーカス・コミュニケーション講座
http://www.performanceship.com/sfa0622.htm

心理療法と瞑想講座 1

週末に瞑想講座を開催しますので、今週は瞑想についてお伝えします。

仏教瞑想は本来、覚りを目指して、あるいは覚りの現前として行なうもので、
心理療法を主目的とするものではありません。

しかし、仏教瞑想は心理療法として有効であることは、さまざまな
事例によって示されており、また記憶力の向上などの能力開発法として
利用されてきた歴史もあります。

瞑想は自分自身を見つめるということに取り組んでいきますので、
それがカウンセリングやコーチングに効果をもたらします。

心理療法における「気づき」は、自分を観るところから生じますので、
自分自身を観ることの出来ないクライアントは、変化が生じにくくなります。

例えばクライアントに将来の姿を聞いたときに、会社のことや社会のことなど、
外的なことしか思い浮かばないようでは、内面に目がいっていません。

瞑想は、このような意識状態の人にも変容をもたらす可能性があります。

----------------------------
7月19日(土) 心理療法と仏教・密教瞑想セミナー
http://www.performanceship.com/meisou0719.htm

心理療法と瞑想講座 2

前回はクライアントを例にして瞑想の効果を説明しましたが、
同様のことはカウンセラーやコーチにも当てはまります。

同じようにカウンセリングやコーチングを学んでも、すぐに使えるように
なる人と、なかなかうまく使えない人がいます。

これにはさまざまな要因が考えられるため、一概に
原因を決めつけるわけにはいきません。

しかし少なくとも、瞑想のセンス(自己を見つめる力)というのは、
カウンセリングやコーチングを身につけるための、
ひとつの大きな要因ではあると思われます。

目の前のクライアントと自分自身の変化に気づき、何が起こっても
そのままに受けとるあり方を、セッションの間中維持していることは、
有効な変化が起こるための基本となります。

さまざまな変化に気づかないこと、あるいは気づいたことによって
動揺したり巻き込まれたりすると、クライアントの変化を
阻害する恐れがあります。

すべてに気づき、すべてをそのままに受けとるあり方が出来ていれば、
手法に関わらず、効果的な支援ができるようになります。

心理療法と瞑想講座 3

「身体、感受、心」をありのままに観、それを通じて世界の本質を
洞察することが、ブッダの瞑想の基本ですが、心理療法に限定するならば、
「身体、感受、心」の観察で充分だと思います。

初期の仏典『大念処経』には、
「内に自分自身を観察し、外に他人を観察し、あるいは内と外を観察していく」
とあります。

「身体、感受、心」についてこれが出来れば、カウンセリングやコーチングの
大きな力となります。
身体だけでも、感受だけでも、大きな力となります。

内と外の観察を、さまざまな人に広げていけば、ソリューション・フォーカスの
ベースとなっているシステムズ・アプローチにつながります。

それは、グループや場を促進するファシリテーションとしても活用できます。

すべては互いに関係しつながっているのです。
そのつながりを観る人は、さまざまな分野で自由に使うことができるでしょう。

----------------------------

コミュニケーションから心を考える

問題解決力を高める ソリューション・フォーカス入門
解決のためのコミュニケーション心理学
http://www.performanceship.com/sfn.htm